個人輸入のカワイイオネエサン

春日部大凧の由来について

春日部は、大凧の里として知られています。 春日部の大凧の由来は、江戸時代後期に、養蚕が盛んだった現在の春日部市西宝珠花において、出羽国山本郡水沢邑の西光寺の弟子で、浄信という僧が、地元の人に、養蚕の豊作占いとして、「繭の値段が上がる」と「凧が上がる」をかけて、大凧を揚げて繭の豊作を占うという話を教え、それに倣うようになったのが始まりといわれています。 このころの宝珠花は、江戸への交通の要所として豊かな土地だったこともあり、人寄せのためにも大きな凧を上げようと考えました。 ちょうど繭の収穫の時期の端午の節句の、男子出生のお祝いと重なって、どんどん大きな凧あげ祭りに発展していったようです。 これがもととなって、毎年5月3日と5日に、江戸川河川敷で大凧あげ祭りがおこなわれるようになりました。 現在大凧あげ祭りで上げられる凧の大きさは、大きなもので縦15メートル、横11メートル、重さ800キログラム 、小さくいものでも縦6メートル、横4メートル、重さ150キログラムといわれています。 ちなみに、大凧を上げるには、総勢百数十人が必要だそうです。 これだけ大きな凧なので、毎年3カ月もかけて大凧文化保存会の会員によって作られています。 大凧あげ祭りでは、まず凧を上げる前に、その年に初節句を迎える子供たちの健康と成長を願う儀式が行われます。 大凧あげ祭りは、春日部の名物祭りになっており、毎年約10万人の観光客を集めます。